カップル

婚約指輪という文化の歴史

指輪(黄)

婚約指輪を贈るという文化の発祥は、中世のヨーロッパだと言われています。ヨーロッパの貴族が婚約の証として、レディ(淑女)に指輪をプレゼントする風習だったものが、産業革命が進んで一般庶民も生活が豊かになったことで、徐々に庶民の間にも広がっていったようです。
日本に婚約指輪の文化が根付いたのは、それほど古い時代のことではありません。戦後、日本に進出した外資系の企業が、「ダイヤモンドを婚約指輪に」という趣旨で大々的に宣伝したことで、婚約指輪という文化が広まっていったのです。日本には古くから結納という風習があったので、婚約指輪を受け入れやすい土台ができていたのかもしれません。
バブルの時代には「婚約指輪は給料3か月分」というCMが流れたことで、次第に高価なものを求めるようにもなっていきましたが、本場ヨーロッパでは月給ひと月分ほどが相場のようです。
ヨーロッパをはじめ、アメリカ、オーストラリアなどの欧米各国や南米の国々では、婚約指輪は広く認められている文化です。
一方で、アジアやアフリカなどの、発展途上の国々では、婚約指輪の文化はまだないようですが、経済発展が著しい中国では、婚約指輪の風習は、やはりまず富裕層に定着し、今では一般庶民の間にも広がっているようです。
婚約指輪の文化は、経済発展の証とも言えるかもしれません。

新着コンテンツ

  • NEW
    指輪(青)

    様々な国や地域で贈答される婚約指輪

    婚約指輪は、様々な国や地域で贈呈されるものとなりつつあります。日本では、結婚する前に指輪を贈答する習慣が確立されていますが、日本以外でも婚約指輪を贈答する習慣が、昨今広がりを見せているのではないかとみられています。婚約指輪を販売するブ…

  • NEW
    指輪(緑)

    婚約指輪は安過ぎない方がいい理由

    人生を共に生きていくと決めて将来結婚する事を約束するのが婚約。プロポーズする時に婚約指輪は2人の未来を約束するもの。ですが、この指輪はなかなかの高級品。予算が限られている人も多いですし、男性の価値観によってはそこにお金をかけたくない事…

  • NEW
    指輪(黄)

    婚約指輪という文化の歴史

    婚約指輪を贈るという文化の発祥は、中世のヨーロッパだと言われています。ヨーロッパの貴族が婚約の証として、レディ(淑女)に指輪をプレゼントする風習だったものが、産業革命が進んで一般庶民も生活が豊かになったことで、徐々に庶民の間にも広がっ…

  • NEW
    指輪(赤)

    結婚指輪を準備する際の注意点

    結婚式の準備の一つして忘れてはいけないのが結婚指輪です。では、結婚指輪を準備する際にはどのような点に注意する必要があるのでしょうか。今日はそのいくつかのポイントを記したいと思います。まず最初に注意したいのは時間です。結婚指輪は…